医療事務を辞めたいと思う時

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めましての方はこちら→自己紹介

記事が増えてきたので、カテゴリを見直してサイトマップを作成しました→サイトマップ

 


どんな仕事でも辞めたいと思った時は誰にでもあると思います。

今の職場でも私が入ってから2人辞めていきました。

スポンサーリンク
レクタングル大

医療事務が続かない理由

医療事務は居心地がいい所だと定着率がいいのですが、そうでないと入れ替わりが激しいとか・・・

理想と現実のギャップが大きい

仕事量が多い、その割に給料が少ない

スタッフ同士の人間関係

コミュニケーションがうまく取れない等々…本当に色々あります。

新人時代は本当につらい

私の辞めたいのピークは入った時からでした。

毎日辛くて辞めたくて、帰りの車の中でもうやめてやる!と思いながら運転したものでした。

医事課の先輩曰く、「絶対半年で楽になるから!頑張って!!」

・・・絶対無理!信じられませんでした。

私の辛かったのは、有資格者とのコミュニケーションがうまく取れなかったこと。

とても厳しい職場で新人で未経験とわかると、冷たい目を向けられて辛かったのを覚えています。

周りも皆必死で頑張ってる

医療機関は患者さんの命を預かる場所、皆さん必死に働いてる。

もちろん医事課もそうです。毎日の忙しさに心の余裕がない。

そこに何もできない事務員が来たら、受け入れる余裕がなくてまた新人?みたいな空気があります。

半年たって楽になるよという先輩の言葉、今ならよくわかります。

本当に自分が仕事に対して理解が深まってきたときに、気持ちの余裕が出来ているのに気づきました。1年経ってやっと周りから認められた気がします。

大変だけどやりがいはある。

せっかく一生懸命勉強して、資格取って入職できたのなら絶対やめないで半年は続けてほしい。私はつらい時、「ここで経験を積んで辞めてやるんだ!」という気持ちで今までやってきました。

医療事務は大変だけど、慣れてきたら楽しくてやりがいのあるお仕事です。

これから目指す人もドクターや看護師さん、そして患者さんに必要とされる医療事務員を目指してほしいなと思います。

関連記事

医療事務の新人時代はつらい

無理はしないほうがいい