医療事務の資格は必要?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めましての方はこちら→自己紹介

記事が増えてきたので、カテゴリを見直してサイトマップを作成しました→サイトマップ

 

医療事務で働くには資格は絶対に必要か?という疑問をよく見かけます。
医療事務の資格はどんなものか?
就職に有利に働くのか?
そんな疑問に答えていきたいと思います。
スポンサーリンク
レクタングル大

資格なしでも働けるの?

確かに、医師や看護師のような国家資格が必要な仕事ではないので資格は無くても仕事は出来ますし、実際、私が働くクリニックにも資格なしの人でバリバリ働いている人います。
実際資格を取って未経験で入職したけど、初めは受付と会計業務で資格の重要性を実感することは少ないです。
ただ資格を取ることは無駄ではないし、資格を取ったプロセスが大切なんです。

医療事務の資格は取っても無駄なのか?

資格を取らなくても出来るなら、お金かかるし・・・いらないよね!
…と思われるかもしれむせんが、全くの無駄という訳でもありません。

病院やクリニックがどうやって報酬を得ているか、報酬を得るためにはどうするのか、保険証の種類はどんなものがあるのか?
レセプトって何?等など…
全くの未経験では分からないことだらけです。
勉強しておいて良かったと思う事は、算定に携わったとき。

電子カルテならまだ自動で拾ってくれますが、まだ紙カルテの所も多いと聞きます。

勉強していても実務では全然分からないことも多いのですが、初診再診、医学管理など言葉だけでも覚えておくと入りやすいです。

0からと資格勉強したのとではスタートラインが違うと考えていいでしょう。

就職に有利に働くこともある。

医療事務は経験者の方が就職には有利です。未経験で資格ありの人と経験者で資格なしの人が面接に来たら経験者の方が採用率は高いです。

未経験というだけで不利な状況ですが、
中には未経験者応募OKの求人もあります。
病院によっては経験以外の事を重視しているかもしれません。
人当たりがいい、他のスタッフと上手くやっていけそう等など…人柄重視ですね。

その上で資格を持っていれば、医療事務員として働く準備をしてきたよ!というアピールポイントになります。

どの資格を取得したらいいか?

医療事務の資格は国家資格ではありません。

民間の資格でも30種類以上あるといわれています。

どの資格が就職に有利かということはありませんが、

一番有名な資格が『診療報酬請求事務能力認定試験』

医療事務資格の最高峰といわれています。最高峰というだけあって問題も難しいので初心者には難しい試験になりますが、取得すると履歴書にも記入できますし、勉強したというアピールにもなるのでこの資格を目指して勉強方法を選択すると良いでしょう。

いきなり難しい資格を目指す自信のない方は、メディカルクラークや医療事務管理士などの資格を取ってからステップアップするといいですね。

どんな資格でもそうですが、取っても無駄なものなどないのです。

資格を取るために努力した過程が大切なのですから。

医療事務は初心者が独学で勉強するには法規や算定のルールなど、複雑で理解するのには難しいので出来れば講座を受講することをお勧めします。

↓複数の医療事務講座の資料請求が一括で出来ます。↓

無料の資料請求はこちらから→医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」