医療事務講座を選ぶ時のポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めましての方はこちら→自己紹介

記事が増えてきたので、カテゴリを見直してサイトマップを作成しました→サイトマップ

 

冬が終わりもうすぐ春、新しいことを始めたいと医療事務の勉強を選択する方もいると思います。

たくさんある医療事務講座の中でどれを選べばいいのかわからない人のために選ぶポイントを考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

どの資格を目指すのか

医療事務講座は最終ゴールに「資格取得」を設定しているものがほとんどです。

どの資格を目指したいのかで選ぶ講座もおのずと決まってきます。

資格は10種類以上ありますが、講座を修了したら取得できるものや自宅で受験できるものなど様々な条件がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

資格名 対応している講座
診療報酬請求事務能力認定試験 ヒューマンアカデミー
医療事務技能審査試験

(メディカルクラーク)

ニチイ学館
医療事務管理士 ユーキャン・ソラスト
医療保健士 ヒューマンアカデミー

就業サポートがあるか

せっかく資格を取っても就職できなければ意味がありませんね。

自分で探す方法もありますが、選択肢は多いほうがいいので就業サポートがあるスクールを選ぶいいです。

就業サポートといっても色々な意味合いがあり、修了したら派遣会社を紹介して登録するだけとか近くの就業先のリストだけ送ってきて終わり・・・みたいなところもあるので注意が必要です。医療事務の講座ではありませんでしたが、他の講座を受講したときにそういうことがありました。

講座を申し込む前に問い合わせをしてきちんと確認をしましょう。

私が受講したニチイ学館は就業相談などが定期的にあり、申し込みをして登録すると近くで空きが出た時点で連絡をいただけて無事就職することが出来ました。

全国に支店があるので、家族が転勤になり引っ越しすることになっても転勤先でも仕事が紹介してもらえるので安心ですね。

ヒューマンアカデミーも自社が派遣会社を持っているので就業サポートが整っているといってもいいでしょう。

金額も通信講座なら3万円から探せるので、資料請求をしてみて検討するといいでしょう。

ニチイ学館の資料請求はこちらから

シカトル

こちらの記事もどうぞ

診療報酬改定時の資格取得はいつがベスト?

メディカルクラーク通信講座体験記